七五三とはどういう行事かというと、平安時代の儀式が基になっており、子供の成長を祝って氏神様に参拝する行事です。 昔は子供が7歳を迎えることなく亡くなってしまったケースが多かったため、子供の成長に応じて儀式を行っていました。 対象年齢は男の子が3歳と5歳、女の子であれば3歳と7歳になった時に、成長して立派になってほしいという願いを込めて行うことから七五三として定着してきました。

七五三をやるのはいつかというと11月15日に行うのですが、実際のところは混雑なども考えられるので10月から11月の間の都合がいい日に行うのが一般的です。 七五三のお祝いをする場合は地域によって異なりますが、一般的には家族で記念撮影をして、神社に参拝し家族で会食を行うことが多いです。 家族としては子供にきちんとお祝いがしたいわけですから、段取りよく動けるようにするといいでしょう。 お祝いをする前には、子供の着付けやメイクなどを行う必要があります。 自分たちで着付けができれば良いですが、できない時は美容室や神社のサービスを利用してお任せするということも可能です。

和装で臨むというのであれば、着付けの時間がかかるという点には注意しましょう。 神社に行く際には有名なところか近くかで迷われるかもしれませんが、近くの神社のほうが移動での子供の負担が軽減されますのでそちらの方が望ましいです。 神社に行ったら子供を中心にして全員でお参りをします。 それから事前に予約をして御祓いを受けて祝詞をあげてもらい、その際は初穂料として3千円から1万円程度を神社に納めます。

写真撮影に関しては七五三の衣装で臨むことになります。 ただし前撮りの時は洋装で、神社への参拝の時は和装というような使い分けをしていることもありますので、もう一度撮影してもらうことは十分あり得ます。 後から見返したときに必ず思い出に残るものですので、いろいろなカットで撮ってもらうといいでしょう。

最後に家族だけでなく、祖父母や近い親族などを招いてのお祝いの会食を行います。 会食する場所としてはレストランやホテル、料亭などが当てはまります。 外食であれば子供用の特別なコースなども用意されていることがありますので、それを食べるのもいいです。 大勢が集まれる家などでケータリングを頼むというような形でもいいのではないでしょうか。 気兼ねなく食事を楽しむことが出来るので、子供たちもリラックスすることができます。

また、最近では感動型のフォトスタジオが人気を集めています。 通常の記念写真と言えば晴れ着を着て、背筋を伸ばしてしっかり立って、まっすぐ前を向き撮影するものですが、今流行のフォトスタジオはその常識を覆しました。 撮影方法として、より自然体に近づけて撮影します。 かしこまっての記念写真も、もちろん思い出となりますが、七五三やお宮参りの思い出を残すという意味では鮮明に残り続けるフォトスタジオが勝るでしょう。 そこが人気の理由であり、時代の流れと共に進化を続けているのを実感します。 まだまだそういったフォトスタジオは少ないですが、足を運んでみる価値は十分にあるでしょう。